Robots On the Palm
主に掌サイズのロボット玩具とプラモで遊ぶblog。

プロフィール

ボブ

Author:ボブ
バカです。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/200 AMX-015 ゲーマルク (Preview1)

 キャラホビで買ってきたWitching Hourさんのゲーマルクを作り始めました。

 私はガレキの作成経験が無く、完全に知識ゼロから始めるのでお勉強しながら作ることになるわけですが、ガレキはなんだか敷居が高そうだと思っている方も多いと思います。そんな方の参考になれば幸いです。今回はネットや書籍等を眺めてひとしきり理解したつもりになった後、とりあえず若干自己流のアレンジ(要は手抜き)を加えつつ、やってみました。世間一般で推奨されている方法と異なる部分もあるかもしれませんがそこはご容赦ください。登山と同じで完成という頂上に到達する為の登山道は複数あるのです。きっと。

 素人が安易に選択した登山道には険しい崖があるかもしれませんが、そんな試行錯誤も含めてお伝えしていきたいと思います。というわけで続きを読むで。

■今回の作業
 1. 洗浄
 ガレキではレジンキャストを型から抜く時に使う離型剤が残っていることが多いようです。
 それを洗浄して落とすわけですね。ふむふむ。
 もっとも、調べたらガンプラとかも基本的には同じ理由で洗浄した方がいいみたいです。洗ったことないや…。

 洗面器に入れてキッチンにあった中性洗剤で洗いました。
 家族の理解が無い場合、突然これをやりだすと発狂したと思われかねないので深夜にこっそりやった方がいいかもしれません。 
gmk001.jpg

 2. 部品の切り出し
 ガレキもプラモ同様にランナー(というのかどうかわかりませんが…)がありますので、切り離します。
 文献によっては洗浄前に切り離すというところもありましたが、小さい部品が水切りの時に流れたら泣きそうなので先に洗浄を行いました。


 3. 仮組み
 まずはどの部品が何処になるのかを把握する為に、そして気分を盛り上げる為に仮組みします。

 すぐに剥がせるように瞬着をちょっとだけ付けてちょっとだけ組み上げます。強度的に真鍮線通したりしてないので瞬着だけだと重量を支え切れてませんw

gmk002.jpg

 うひょー!これだけでもカッコイイ!
 このまま塗装しちゃおうかしらとも思っちゃいますね。


 1/200スケールとは思えないパーツの多さなので、私の空間把握能力の低さも相まって、大量の小型パーツが何処に使われるのかイマイチ理解し切れてませんがじっくり作っていこうと思います。半年くらいは余裕で楽しめそうです。

コメント

早くも!

早くもその勇姿を現しつつありますね、ゲーマルク。

どう接続していくかが難関だと思いますが、
これだけ出来が良いと可動を仕込みたくもなっちゃいませんか?w

自分は悩み中です。
ドツボにはまる可能性も高いのですが。

ではゲーマルクの進行楽しみにしてます。
大いに参考にさせていただきますです(^^)

そうなんですよ

私も可動は悩んでます。
特に肘と膝は可動を仕込んでしまうには必然的に関節部のブロックを削ることになってしまい、defuturaさんの作られたラインが崩れてしまうという悩みがあるんですよ。私の腕前でなるべくラインを崩さずに可動を仕込めるのかが課題です。
かと言って可動を仕込むには肘と膝は必須ですし…。


と、言いながら可動を仕込む為にコトブキヤのマテリアルと投げ売りのリボルテックミニチュアを既に購入済みですがw

Nickさんの参考になるようなことが書けるかどうかわかりませんががんばります。Nickさんの作品も楽しみにしてます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://200maniax.blog109.fc2.com/tb.php/239-a3b5fb0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) Robots On the Palm. All rights reserved. Template by Underground
まとめ
(Since2007/12/22)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。