Robots On the Palm
主に掌サイズのロボット玩具とプラモで遊ぶblog。

プロフィール

ボブ

Author:ボブ
バカです。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ROBOT魂 クロスボーン・ガンダム X-3

rt_x3_01.jpg
 買ってみました。

 X-3は結構好きなMSなのでこういう手軽な立体物があってもいいかなあ、と。

 以下、テキトーにいじってみました。

 まずは何もしてない状態から。
rt_x3_04.jpg
 顔が(個人的には悪い意味で)長谷川先生の漫画にそっくりです。

 胸部のドクロマークの目の部分のマシンガン砲口がきちんと再現されているのは驚きました。ROBOT魂は「こまけぇこたぁいいんだよ!!」が基本方針かと思ってましたので。

他に気になるのは首の長さです。妙に短くて首をすくめたみたいな印象です。ここはX-1と同じなのですが、X-1買った時には余りそうは思いませんでした。今回そう見えるのは何故かよくわかりません。

rt_x3_03.jpg
 掌のIフィールド発生装置はきちんと再現されています。握り手では再現されてませんが殆ど見えない部分ですし、再現されてる必要もない部分ですね。

 腕のIフィールド発生装置カバーの可動用ダボは清々しいくらい見事に全開な素敵仕様となっています。可動の為に見た目を考慮しないのがROBOT魂のウリの様ですが、このカバー、見た目を犠牲にしてる割には殆ど開きません。GFFの方がまだ開くんじゃないでしょうか。前腕部はX-1と形状が違い、X-3用に新規で作られたと思われるので、もう少しやりようがあったのではないかと思います。

 ムラマサブラスター。
rt_x3_02.jpg

 ビーム発生部の基部が全て省略されてストレートなデザインに変更されています。左のMG版でオレンジの部分。長谷川先生でさえビーム発生部は飛び出したデザインで描いてたのに…。おかげでビームエフェクトが無いとなんだか凄く弱そうに見えます。

 ジョイント用ダボの側のドクロマークは塗られてません。あと、ドクロマークの目も塗られてません。ジョイント用ダボもMGみたいにドクロマークに干渉しない位置にダボを持ってくればよかったと思うのですが、何故こうも見た目に無頓着な設計なんでしょうか。


rt_x3_06.jpg
 ビームエフェクトは全部付属します。MGに付いてこなかった先端部も付いてるのは素晴らしいですね。全部付けるとその重量で腕が下がってきますが。

rt_x3_07.jpg
 ビームエフェクトはブラックライトで発光します。迫力ありますね。

rt_x3_05.jpg
 F-91と同様に股間部分に3mm径の穴が開いているのでディスプレイしやすくなりました。

 どうでもいい点ですが、X-1では塗装してあった膝アーマー裏の内部メカが塗装されてません。見えないし、塗ってなくてもいいのですが、以前は塗ってあった部分が塗られていないので、コスト削減すなあ、という印象。


 とまあ、色々ケチを付けてみましたけど、可動範囲は一部を除いて広いですし、まあ、遊べる出来なのではないでしょうか。


 ということで、気に入らない部分をいじってみました。全力でいじりだすとまた未完成お蔵入りゾーンへの旅に出てしまうので、短時間で改修できるお手軽改修にとどめました。顔が一番いじりたかった部分なのですが、時間かかりそうなので今回はパスです。
rt_x3_08.jpgrt_x3_09.jpg

 まずは腕のダボ。とりあえず白い部分を塗って誤魔化します。ちょうどいい色を探すのが面倒だったので混色しました。ガンダムカラーのブルー(41)にガンダムカラーのブルー(12)とフラットベースを混ぜています。ブルー(41)をベースに色を見ながらブルー(12)を少しづつ混ぜていけばそれっぽい色になると思います。

 ムラマサブラスターのドクロ周りも塗りました。はみ出したらナイフで削ってやればいいので簡単です。


 その他、はみ出した部分を削ってやったり、スラスターの中身を塗ってみたりとかしてます。あと、額の3の字が何故かグレーだったので、Mr.カラーGXのクールホワイトで塗って白くしました。ここ、何故グレーにしたんでしょうか。意味がわかりません。

 墨入れは若干控えめにやってます。その他、胸部のマシンガンの銃口は趣味でシルバーに塗りました。

rt_x3_10.jpgrt_x3_11.jpg
 加工関係は首の延長のみ。基部で切断してプラ板を挟み込み1mm延長しました。1.5mmでもよかったかも知れません。強度出す為に念の為に0.5mm真鍮線を打ち込んでいます。

 首のBJはPOMなので、加工しようと思う方は専用の接着剤を用意する必要があります。


 エナメルの乾燥中に首の加工を行う等並行作業をすると1~2時間程度で終わります。個人的にはだいぶマシになったと自画自賛してますが、如何でしょうか。


 オマケ。
rt_x3_12.jpg
 大半がX-1と共通なのでマント装備出来ます。

 オマケ2。
mg_x3_001.jpg
 一時の気の迷いでMGでX-3を作ろうとしてたのを思い出しました。仮組みで止まってます。多分、1年以上放置してます。

>>Amazon
ROBOT魂クロスボーンガンダムX-3
ROBOT魂クロスボーンガンダムX-1
MG クロスボーンガンダム X-1 フルクロス

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://200maniax.blog109.fc2.com/tb.php/550-891490bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) Robots On the Palm. All rights reserved. Template by Underground
まとめ
(Since2007/12/22)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。