Robots On the Palm
主に掌サイズのロボット玩具とプラモで遊ぶblog。

プロフィール

ボブ

Author:ボブ
バカです。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アカツキのメッキを剥がそう

 esさんのコメントのおかげで約2ヶ月間キッチンハイターに漬け込んだまま放置していたアカツキを思い出しました。

 ということで、いつまでも放置しておけないので、メッキ剥がしにトライしてみましたよ。実はもっと早くうpする予定のエントリだったのですが、気付いたらそこからまた1ヶ月近く経っちゃいました。あははは。

 フタを開けてみましたが、なんだか恐ろしいことになっています。(微グロ注意)
mekki05.jpg


 困った時のgoogle先生。ということで、調べてみましたよ。簡単なまとめです。誤りがあるかもですが。

 ・ メッキには複数の種類があり、使用する金属によって剥がし方が異なる
 ・ プラモデルで一番多く使用されているのはアルミメッキらしい
 ・ クロムメッキはサンポールで剥がせるらしい
 ・ アルミメッキはキッチンハイターで剥がせる模様
 ・ 真鍮メッキは特殊な薬剤が必要な模様
 ・ メッキの種類は不明ですが、瞬着剥がし液でメッキが剥がせる模様
 ・ サンポールがあれば自宅でも銅や亜鉛のメッキは出来るらしい

 …思っていたよりも奥深い世界ですね。

 2ヶ月間キッチンハイターに漬け込んで落ちないことから、アカツキに使われているのはアルミメッキではないことはほぼ確定と考えてよさそうです。百式のメッキを剥がした時はキッチンハイターに数分漬けるだけで綺麗に剥がせましたし。そう言えばガンプラのメッキは触感が余り普通のプラスチックと変わらないのですが、コンプロのメッキは冬場に触るとヒンヤリしてて金属を触ってる感が強い気がします。

 ということで、残念ながら、見た目や触感で何のメッキなのか判別する方法はわかりませんでしたので、とりあえず試してみます。
mekki02.jpg
 買ってきたのは、サンポールと瞬着剥がし液とメッキ剥がし。瞬着剥がしは100均で買えるのと、サンポールは薬局で安く買えます。サンポールはむしろメッキする時に使う様な記事の方が多かったのですが、安いのでとりあえずおk。メッキ剥がしに使えなくてもトイレを掃除すればいいですし。

mekki03.jpgmekki04.jpg

 問題は最後のメッキ落とし。私が見つけたのはメッキクリンという名称なのですが、たったの20ccで800円もするという超高級品です。調べてもわかりませんでしたが、成分がなんなのかとっても気になります。このメッキクリンという製品のターゲットはモデラーの様なので、プラモで最もメジャーなアルミメッキに対応しているものだと考えられますが、制限等が記載されていない為、もしかしたらどんなメッキでも剥がしてしまう魔法の液体なのかも知れません。

 ぶっちゃけ、これでガンプラのアルミメッキ程度しか剥がせないとなるとかなりアレな商品ということになりますが…。なんせ、キッチンハイターは600ml入って200円強(リンク先はカカクコム)ですからね。ml単価で比較すると100倍以上という価格。同じ位高価な液体というと、ドンペリの安いものとかでしょうか。メッキクリンは750mlで30,000円の計算なので、この河内屋さんというところを基準にすると、【ドンペリニョン エノテーク(ドンペリ ブラック) 1992年 750ml 正規品 箱なし】が、このメッキクリンとほぼ等価なのであります。正に模型界のドンペリと言えましょう。

 まあ、百聞は一見にしかずなので、模型界のドンペリ(勝手に命名)メッキクリンも買ってみました。


 ということで、順番に試してみます。

 まずは、早速ですが模型界のドンペリことメッキクリンから。いきなり真打ち登場です。ドボンと漬け込むには幾ら対象が小さなコンプロだからと言っても20ccでは全然足りません。まあ、全部浸かるくらい買ってくればいいのでしょうが、流石にファンタスティックなお値段になってしまいますので、まずは綿棒に点けて試してみました。

 …が、綿棒につけて擦った程度では全くなんの変化もありませんでした。やはり漬け込まないと効果がなさげですね。点付けしてたら液体の溜まった部分だけ剥がれましたので、恐らく漬け込めば問題なく剥がれてくれるでしょう。模型界のドンペリは伊達じゃないです。量が多ければ一気に行けるのですが…。

 右側がドンペリさんです。わからないと思いますが、ほんの少し剥がれていますw
mekki01.jpg


 次にサンポールです。値段的にメッキクリンがドンペリならこちらはドブロク。成分は薄めた塩酸+αです。

 こちらは量も多いので漬け込んでみました。結果は上野の画像の左のパーツ。見事にメッキが剥がれています。サンポール凄いです。


 最後に瞬着剥がし液です。これも模型界のドンペリには及びませんが、2gで100円とかなり高価。比重が水と同じだとすると2ccで100円…あ、模型界のドンペリより高いw


 戯言はともかく、こいつはそもそも成分がアセトンなのであります。アセトンはABSを含む、プラをドロドロにしてしまうので、プラモ狂四郎的なバトルシミュレータがあればなんとかして機体に搭載し、相手に吹きかけてやる努力をするところですが、コンプロにそのままぶっかけると悲惨なことになりますのでご注意を。間違っても分解する時に接着を剥がそうと使ってはいけません。ちなみにタミヤセメントとかにも使われている成分です。アセトン。

 ちなみに余剰パーツで試しましたが、アカツキのメッキは剥がれませんでした。


 ということで、安くてボリューム満点なサンポールの勝利と相成りました。アカツキのメッキを剥がしたい方はサンポールを使うといいと思います。拭き取る時に手が緑色になるのでゴム手袋は必須です。

>>Amazon
金鳥 サンポール 500ml
※まさかAmazonでサンポールが買えるとは…。まあ、マケプレですけど。

コメント

レポートお疲れ様でした&大変参考になりました。
キッチンハイターとかサンポールとか「混ぜるな危険」な液体や、そもそも有機溶剤を普通に使うとか、友人の言を借りれば模型って有毒な趣味ですよね。くれぐれもお気をつけください。
アカツキで思い出したんですけど、あのフリーダムを除くと、コンプロは種死のほうだけしか出てないことに気が付きました。ストライク楽しみです。

記事拝見させていただきました。
メッキクリンとサンポールの対比がドンペリとドブロクで表されていたりと
楽しく読ませていただきました(笑)
早速サンポールを調達しにいこうと思っております。
(濃度は薄めず、漬け込みも様子見という事でよろしいのでしょうか?)

コンプロのメッキは確かに冬場に触ると冷たいですね。
アカツキしか触っていませんがメッキ百式は・・・。

メッキを落とした写真を拝見させていただきましたが乳白色?っぽいですね。
あらかじめサフを吹いておかないと分かり辛そうですね。

UC episode2のおかげで徐々にですが模型のモチベーションが上がってきました。
放置プレイ状態のブログですが近々更新出来る・・・かも?です(笑)

>あざらしさん
言われてみれば有毒な趣味ですよねw
しかも環境にもやさしくないという…。
もしかしたら、何年何十年か先には無くなっている趣味なのかも知れません。

ちなみにコンプロフリーダムは種死枠です。実はコンプロでは普通のSEEDは出てないんです。不思議ですね。

>esさん
原液に漬け込んだ感じだと、一定量で処理しきれるメッキ量に限界がある感じで、途中でメッキ剥離が止まります。恐らく塩酸が反応してFe+2HCl→FeCl2+H2みたいな感じで、別の物質に変わるからかと思います。まあ、鉄ではないので反応はこの式とは違うと思いますが…。
なので、薄めない方がいいと思います。

剥がした後は半透明の乳白色なので、確かに作業時にはサフ吹きした方がいいかも知れませんね。

ブログ更新、楽しみにしてます。

メッキ処理ですがボブさんの記事通りサンポールでバッチリ落ちました。
ご心配をおかけしてしまったようで何だか申し訳ないです(汗)

残った剥離したメッキが入ったサンポールの処理はどうされましたか?
そのまま捨てるのは何となく問題がありそうで・・・。
やはり酸を中和させてから捨てた方が良いのでしょうか。

無事にメッキはがせた様で、なによりです。

残った廃液は、メッキで使われている金属が不明だったので、念の為、全て紙に吸わせて、乾燥させ、ビニールとアルミで包んで燃えないゴミに出しました。
この処理方法が適切かどうかわかりませんが、廃液処理業者に電話したら冷やかしだと思われ軽くあしらわれたので、業者に依頼するレベルではないかと思ってます。
もっとも、1社にしか連絡取ってませんけど…。

ご返信が遅れてしまい申し訳有りません。

なるほどそういう方法もありましたか。
自分もボブさんと同様の方法で処理したいと思っております。
ご返答いただきありがとうございました。

別記事の話題で申し訳ありませんが、ANAのSGガンダムに付属のシールは
ガンプラに付属するメタリックシールでしょうか。
だとしたらそのシールだけバンダイさん販売して欲しいです(笑)
ツインアイやメインカメラは塗り分けがやや面倒ですし、メタリックなら普通の
塗装よりキラリと光りますので・・・。
ああ・・・放置プレイ状態のSGガンダムはどこにいったのやら(汗)

廃液は正しい処理方法かどうかはわからないので、念の為、自己責任でお願いしますm(_ _)m

ANAのシールはガンプラに付属のと同じ様な、紙製のメタリックシールです。言われてみれば1/200スケールのガンダムフェイス用シールてこれしか無いですよね。
私はブラックライト遊びがしたくて蛍光グリーンで塗っちゃう派なので、もし必要であれば差し上げますよー。持っていても棄てるか無くすかの二択ですし。
まあ、1枚だけあっても仕方ないかもですが…(^^;

またまたご返信が遅れてしまい申し訳有りません。

頂くなんてとんでも御座いません。
それにウチのSGガンダムは放置プレイ→行方不明の状態ですし(汗)
お気持ちだけありがたく受け取らせていただきます。

りょうかいです。気が向いたら言ってくださいw

放置プレイ→行方不明とは可哀想です。ぜひ探して成仏させてあげてください。

…と書いて私も成仏させなきゃいけない未完成のお手つき品が大量にあることに気付きました。
人様にどうこう言ってる場合じゃないですね(^^;

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://200maniax.blog109.fc2.com/tb.php/603-755c82af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) Robots On the Palm. All rights reserved. Template by Underground
まとめ
(Since2007/12/22)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。