Robots On the Palm
主に掌サイズのロボット玩具とプラモで遊ぶblog。

プロフィール

ボブ

Author:ボブ
バカです。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミニ四駆道(その1)

jjj_003.jpg
 突然ですが始めてみました。ミニ四駆。

 「道」と書くとなんだかガチっぽい感じですけど、珍道中的な意味での道、道草の道、そんな感じのニュアンスも込めつつそれなりにマジメにやってみようということで勝手に道と名づけました。不定期更新w

 ガチャガチャでミニミニ四駆とかいうのが出てまして、それがまた丁度連載当時すげー好きだったダッシュ四駆郎の車体だったのでガチャガチャ買ったりしてたのですが、同時に久しぶりにミニ四駆をやりたくなってしまいました。そんな時、同じTNCメンバーもやりたいとか言ってたんでこれ幸いと始めることに。やっぱり仲間がいるとやりやすいですよね、一人より。

 blogの更新ネタもあんまりないしせっかくなので、元ライトユーザだったオッサンが突然現役復帰してレースとかを目指すミニ四駆珍道中として書いてみたいと思います。


 ミニ四駆から離れて幾星霜。今までに二度程ミニ四駆触ってた時期がありました。一度目はダッシュ四駆郎ブームの頃ある程度やってまして、おもちゃ屋のレースに出たりとかしてました。最初に買ったのはスーパードラゴンだった気がします。

 ダッシュ四駆郎といえば、劇中ではアイスホッケーの棒みたいなのでミニ四駆をぶっ叩いて方向転換させながらミニ四駆と並走するんですけど、そんな棒なんかないので公園で樹の枝使ってやろうとして、でもミニ四駆が速すぎて追いつけなくて泣いたりとか、水の流れてない側溝(排水溝)をコースにしてて(田舎だったので腐る程そういう場所はあったのです、クルマも殆ど通らないですし)そこを走らせてたら上流でオッサンが立ち小便しててそこに突っ込んで泣いたりとか、肉抜きすればいい的なアレで何も考えずに肉抜きしまくって強度不足で壊れて泣いたりとか、ダッシュ四駆郎の劇中で単3乾電池の代わりに単5電池を4つ直列にして驚異的な速度を出すとかいう改造をしてたのでそれを真似しようとなけなしの小遣いで単5乾電池を買ってみたら単5を2個並べると単3よりも長くてシャーシに格納できずに泣いたりとかなんか思い出すと泣かされてばっかじゃねーかという気がしなくもないのですが、そんなあの頃からは時代も流れまして。

 二度目は学生の頃にちょろっと現役復帰したものの身内のコースで走らせる程度ですぐ飽きてしまいまして、それからまた10数年。

 三度目の今回はとりあえず一台目にジョリージョーカープレミアム(面倒なので以下JJP)を選択しました。理由は単にカッチョいいから。
jjj_003.jpg

 わかってはいましたけど、模様はガッツリシール…。
jjj_004.jpg


 素組みするとこんな感じっす。フロントのローラーの上下が間違ってますが…。
jjj_002.jpg

 当時数える程しかなかったシャーシもすげー増えてるし、オプションパーツもすげー増えてるしで何から始めていいのかよくわかんなかったのでとりあえず新橋のタミヤに行って店員さんに色々お話を伺いました。店員さんがすごく親切な方でして色々教えてくださったのですが、要約するとこんな感じです。うろ覚えの部分もありますので、間違ってるところがあるとすると多分私の記憶違いかと思います。
 ・ いきなりフルチューンを目指すよりもまずはノーマルで走らせて楽しんでみて欲しい
 ・ 一気にフル装備にするよりも一個一個パーツを取り替えて走りの違いを見ていくとパーツ特性が理解できて挫折しにくい
 ・ 今はコースがアップダウンやジャンプ台もあり、単純に速度だけを突き詰めても勝てず、調整能力を競う競技になっている
 ・ ARシャーシ(JJPのデフォルトシャーシ)は新しいだけあってバランスがよくそのままでもかなり速い
 ・ JJPはボディが特殊なのでARシャーシの性能を完全には引き出せない
 ・ ボディの改造は緩く、枠内に収まっていて他者に迷惑をかけなければかなり自由に改造できる
 ・ タミヤ製ボディとわかれば両サイドをガッツリ切り落として細くしてもOK
 ・ 他者に迷惑をかけず規定のサイズ内ならガンダムのビームライフルが付いててもOK
 ・ 電飾は結構ブームでデコトラみたいな人もいる
 ・ 純正電飾パーツはないので何を使ってもOK
 ・ フィギュア乗せるのは衝撃で首がもげたりするので衝撃対策が必要

 ということである程度投資が必要ではあるものの、どうやら高いパーツを湯水の如く突っ込めば必ず勝てるというものでもない、ということで実にモチベーションが上がりました。単純に直線のスピードを上げるだけなら金かければ誰でも出来るけど、ジャンプやアップダウンのあるコースを完走出来るクルマは簡単には作れない、と。なるほどなるほど。

 それ以外に、近年はコースにジャンプ台が入り、軽量化させるよりはある程度の重量が必要ということでしたのでスカスカに軽量化するというのもどうやらよろしくないみたい。

 で、新橋タミヤのコースを利用するには1日1000円分以上購入するか、もしくは「累計」3000円分以上のレシートを集めると貰える年間パスが必要らしいので3,000円分パーツを買おうかと思ってたのですが、店員さんのおすすめに従ってまずはこの入門書を買いました。なかなか情報満載で読んでるとかなり満腹になってきましたが、これさえあればある程度基礎的な知識は身につきそうです。値段も690円と実にお手頃。
jjj_005.jpg


 模型の国の住人らしくボディはそれなりに気合入れて作ろうかと思いまして塗装始めました。何事もまずはカタチから。ちょっとリアリティ出すの難しいっす…。
jjj_001.jpg


>>Amazon
タミヤ公式ガイドブック ミニ四駆 超速ガイド2013 (Gakken Mook)
ミニ四駆限定シリーズ ジョリージョーカー プレミアム (ARシャーシ) 94984

コメント

どうもこんにちはガトーです。

私もハマっていた世代でガチャもしましたよ。
ダンシングドールでした。
シークレットはプロトエンペラーのようです。

今ちょっと値上がりしてますがダッシュ
1号から3号まで発売していますね。

数年前にキャノンボールとホライゾンがセットに
なっていたのを購入ましたが、何故か3号以降は
再販されていないようです。

ちなみに私もボンボンなどを見て単5電池を
試したクチです。

シクレは金のエンペラーみたいですね。
ttp://item.rakuten.co.jp/auc-toysanta/g-2t5w000bd3-008/

私は当時バーニングサン使ってましたw
懐かしいっす。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://200maniax.blog109.fc2.com/tb.php/894-6a2019e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) Robots On the Palm. All rights reserved. Template by Underground
まとめ
(Since2007/12/22)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。